« 頭のペコペコその後 | Main | ディズニーおやすみホームシアター »

July 06, 2004

少子化対策と選挙

少子化対策、どの党もだいたいあげると以下の三つ
 1.保育所の待機児童解消
 2.児童手当の拡充
 3.育児休業期間の延長
なんかこれだけだとしっくりこない、というのは私だけでしょうか。

待機児童の解消、確かに重要かもしれません、が、そもそもなぜ保育所に預けなければならないのかというと、預けないと働く場が無いからで、SOHOの仕事が沢山あり、家で仕事をこなせる社会になるのであれば、そちらの方がいいという方も結構いるのではないかと思います。
保育所に払うお金を考えたら、その分報酬金額が少なくても、SOHOという選択肢もありえるかなと。
であれば、SOHOというワーキングスタイルを推奨するというのも少子化対策の一つなのかもしれません。
昨今、企業の情報漏えい等が問題となっており、企業側が気軽にアウトソージングというように動けないのであれば、そういった面を行政がサポートしてもいいんではないでしょうか。
せっかくe-japanとかぶち上げてるんですから。
もちろん、どうしても預けないと仕事が出来ないとか職場復帰したい方もいらっしゃいますので、SOHOの拡充だけで良いとは思いません、待機児童の解消も大きな問題の一つではあります。

あと、小児科医をもっと増やすというのも入れておいて欲しいです。
診療所や医師を増やすのには限界があるというのであれば、電話なりe-mailなりでの相談等が気楽に利用できるように整備するとかいろいろ方策はあると思うんですが。

それと、やはり将来の不安の払拭ですかね。そういう意味では年金問題も大きく関わってると思います。
子供を育てたくても、将来、自分の子供が過酷な状況下におかれてしまう事が明白であれば、好き好んで育てたくないという方がいてもなんらおかしくありません。

ハード面の対策も重要ですが、子育ての不安を極力少なくするというソフト面での対策が無いと意味が無いんじゃないかと思います。


でもって、話変わってなんで選挙に行くのかという話。

まず、どのように選挙という制度が出来たのかを勝手に想像して見ました。

寄り合いに全員で参加し、生活していくうえでの案件を話し合っていた。
 ↓
効率が悪いので、幾人かの代表が仕事のかたわら参加するようになった。
 ↓
案件が多くなったので、専門の代理人を決めることにし、その人の稼ぎ分は皆で負担しましょうという事になった。

・こう考えると、代理人である議員の給与も景気不景気に連動してもいいような気がする。


次に、腐敗していく過程を勝手に想像(爆)

代理人が決め事の決定権を持っているため、困った事態に陥った企業が仕事を回して欲しいと陳情に行く。
 ↓
事態を回復した企業が、お礼を渡す。
 ↓
代理人も企業もお互い得するので、企業側は代理人をまつりあげるようになり、代理人もそれにつられる様になる。

・先生と呼ぶのは、まつりあげてしまったから?

なるべく一般人に政治に興味を持たなくするように、専門用語を沢山作るようになる。
 ↓
やばいことは隠すようになる(情報開示しない)
 ↓
いつしか既得権益を守ることも重要になり、一般人がおかしいんじゃないかという事も、まかり通るようになってしまう。
 ↓
ホントにばれそうになったら、その時々の事件において生贄を差し出し、いかにも正常に機能してますよというように見せかけるようになる。

う~んこうなったら終わりだな~。現実はそこまで腐敗してないと思いたい・・・

まぁ冗談?はおいといて、こんな事にならないように、すべてお任せではなく、一人一人が政治に関心を持って参加する必要がありそうです。

どうしても自分の代理となる人が見当たらないのであれば、被選挙権を使うという方法が残されてるはずと思って、調べてみたら、供託金制度が問題(参議院選挙の場合、小選挙区300万円 比例代表600万円)有効投票の一定割合以上の得票が無ければ没収・・・
この辺に一般人は来るなというメッセージを感じてしまいました。公営選挙交付金無しにする代わりに、供託金をもっと下げるとか方法は無いのでしょうか。


何にしても、私は、息子を選挙に連れて行きたいと思います。
まず、こういう事(選挙・投票)があるんだという所からゆっくりと教えて行きたいと思ってます。

|

« 頭のペコペコその後 | Main | ディズニーおやすみホームシアター »

Comments

少子化問題…年金問題よりはるかに重要だと思います
おっしゃる通りの3項目は最重要課題です
僕の息子はまだ大した病気をしていませんから
小児科のお世話にもなっていませんが、これからが心配です
SOHOですか?
これが充実する世の中になれば僕も是非したいと思っている事です

Posted by: ひでぼん | July 12, 2004 10:33 PM

ひでぼんさん、こんにちは。
うちの長男は、出産の時のトラブルでしばらくNICUに入ってました。小児科が採算が取れないとか手間の割に給料が低い等で、どんどん無くなって行くかと思うと気が気でなりません。
SOHOは、充実したら私もそうしたいですね、子供と一緒に居られる時間(対話する時間)がもっと欲しいと思ってます。

Posted by: yoshimitsu | July 12, 2004 10:58 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 少子化対策と選挙:

« 頭のペコペコその後 | Main | ディズニーおやすみホームシアター »